まるで生きてるぬいぐるみ

猫界のダックスフンド

マンチカンの特徴は丸みを帯びた顔、丸く大きな瞳、そして短い足にあります。足が短いということはジャンプ力に影響は出るものの動きが鈍いということはなく、むしろ全体的に筋肉質で俊敏です。前足は後ろ足よりもさらに短くなっています。

マンチカンのルーツ

マンチカンのルーツは、1983年にアメリカのルイジアナ州で偶然発見されたトラックの下にいた野良猫だったと言われています。突然変異とされるこの短足猫を発見したのはその当時音楽教師だったリンダという女性で、やがてこの猫に子猫が生まれたのですが、この子猫の約半数が短足猫だったと言われています。このうちの一匹を友人に譲りましたが、この猫たちが今日のマンチカンのご先祖さんなのです。

マンチカンの性格的特徴

元気で明るく人懐っこくて甘えん坊で、茶目っ気もあって好奇心も旺盛という猫のいいとこどりのような性格で、あまり手もかからないとても飼いやすい猫ちゃんのようです。

キャットウォーク

このマンチカンは歩くとき、しっぽを立ててお尻をふりふりしながら歩くことから「モデルウォーク」になぞらえて「キャットウォーク」と呼ばれています。

以下の動画は残念ながらお顔は見えませんが、キャットウォークの雰囲気は伝わるかと思います。

マンチカン親子対決

しかし特殊な動物ならではの問題も…

とにかく可愛くて癒されるマンチカンですが、短足であるが為に少々難しい問題も抱えているようです。
短足は突然変異であるので、普通の脚長の個体(長足種)の方が多く(8割程度)産まれるが、当然ながらペットとしては短足種よりも断然割安となる。しかし、短足種同士の交配では遺伝上の障害が発生し易いため、短足種は必ず長足種と交配させなくてはならない。



他猫種との交配による雑種作りもさかんに行われており、縮れ毛や折れ耳などの変わった特徴を持つものは需要も高く高額で取引されている。しかしこれらの場合でも短足種同士の直接交配は危険である。



同じ短足のダックスフント(犬)と同じくヘルニアになりやすいとされているが、犬よりも症例が少ないという報告もある。とは言え太り過ぎるとやはりヘルニアのリスクは増すので注意。それ以外は、運動面においても他の猫と大差は無い。



まだ歴史も浅く、また繁殖面や健康面での不安のために、品種としての公認を見送っている団体は多い。現在公認しているのはTICA(The International Cat Association, 国際家猫協会)のみである。

出典:dic.nicovideo.jp

これから「マンチカンを飼いたい」という方はこれらの事情を踏まえつつ、どうかいっぱい可愛がってあげて下さいね♪