保護された猫の名前は「ガートルード」。
緊急手術を受けて獣医さんたちの懸命な処置のおかげで命は助かったものの悲しいことがわかりました。
野犬に襲われたときガートルードは妊娠していましたが、お腹の中の赤ちゃんは全て亡くなってしまいました。

ガートルードの体は回復していきますが、我が子を亡くした母親の気持ちは計り知れません。
心の回復は難しいです。

ガートルードの手術から1週間くらいして動物病院へ1匹の子犬がやってきました。
この子犬の名前は「クレメンタイン」。
クレメンタインは母犬がおらず3匹の兄弟たちと保護されたのですが、その兄弟たちは病死したためクレメンタインはひとりぼっちなのです。

スタッフがクレメンタインを抱っこしてガートルードのそばを通ったときにそれまで元気のなかったガートルードがクレメンタインに反応したのです。
我が子を失ったガートルードがクレメンタインを見て母親としての本能が動いたのです。
獣医さんたちはガートルードにクレメンタインを会わせました。

ガートルードはクレメンタインを我が子のように抱きしめ毛づくろいをしてあげました。
クレメンタインもまだ母犬の愛情がいる子犬です。ガートルードのことを母親のように感じて2匹はぴったりと寄り添いました。
異種族ですが、2匹は本当の親子のようになりました。

養育主のクリスティーさんはガートルードとクレメンタインの親子としての絆の強さは初めて見たと話しています。
引き離すことができないほどの2匹を一緒に引き取ってくれる里親さんを探すそうです。
お互い深い悲しみを乗り越えてやっと巡りあえたガートルードとクレメンタインにとってずっと一緒に幸せな時間が続くといいですね。