言うこときかにゃいとお見舞いするにゃ!

猫に「ちょんちょん」と軽く猫パンチされようものなら、それだけでもう可愛いくてしょうがありませんが、猫パンチには遊びだけでなく様々な使い方があります。ではどんな使い方があるのでしょうか。

大きく分けて3つの使い方があります

猫パンチその一“遊び”

じゃれている時や興味のあるものに対して行われる猫パンチがこれですね。
そっと「ぽんっ」っとタッチするような猫パンチがありますが、これは愛情表現なのかもしれませんね。いや絶対そうに違いありません。そう思うことにしましょう。
子猫ちゃんだと遊びでも爪が出たりしますので注意が必要ですね
以下の動画は思わず「ひどい!(笑)」って言いたくなりますが、一応じゃれているんでしょうね~。この続きが気になってしょうがありません。

猫パンチその二“不快感”

不快な思いをした時や嫌悪感があるときに出ててくる猫パンチがこれです。それまで気持ちよく撫でられていたのに「ワイはもう満足したんにゃ。もう触らんといてにゃ!」とコロっと態度を変えてパンチしてくるあたりはさすが猫さまです。
この時点では“本気の攻撃モード”ではないので爪は出ていません。しかしやられた側の精神的ダメージも相まって、見た目以上に痛く感じるような気がしてなりません。

以下の動画の冒頭はまるで『怒ってる親と説教されてしょぼん(´・ω・`)となってる子供』のようですね。

猫パンチその三“本気の戦いパンチ”

獲物を狙うときや、猫同士の喧嘩でも最終段階のときに繰り出される本気のパンチです。小動物であれば気絶するほどの威力があります。
もちろん噛みつくのが一番ダメージが与えられるのですが、動いている相手にいきなり噛みつくのは難しいので、まず叩きつけたり爪で引っ掻いたりして相手を弱らせようとします。

その他の可愛い猫パンチ動画

かわいらしい猫ぱんち

子猫ちゃんによる、まるでピンポンダッシュのような猫パンチ♪

なめたら、猫パンチ!

どうやらこの時は舐めてほしくなかったようです。
猫心はほんと難しいですね……。
わんこの控えめな反応もまた可愛いです♪

のせるとのせ返してくるネコ

ちょっとこれ反則級じゃないですか?(*^_^*)

怒らない猫 ~ Baby bite cat's tail ~

赤ちゃんにしっぽを噛まれた猫。その反応は……
痛みに耐えてよく頑張った!感動した!ありがとう!