三車線もある京都駅前の大きな道路。
信号待ちをしなければそれなりのスピードを出せる
車通りの多い場所です。

撮影者さんが車を走らせていると前の車が信号待ちの為か
停止や徐行になったかと思うと、
前の車の横から小さな黒猫が走る姿が!!

幸い子猫が車に轢かれる事はありませんでしたが
車のタイヤに激突して暴れる様にしていた子猫。
しかし、しばらくするとぐったりと動かなくなってしまいました…。

そんな子猫の姿を見た周りの人達。
左車線にいたバイクの人は路肩にバイクを止め、
右車線の人は目の前の子猫が轢かれない様にハザードをたき、
撮影者さんも停止。

すると、歩道から1人の女子高生が道に荷物を置いたかと思うと子猫の元へ。

ためらう事なくまっすぐに子猫の元へ駆け寄り
子猫を抱えて歩道へ走ります。
心配だったのか、バイクの人と話しをしていた女子高生。
こうした優しい人たちの行動で子猫の命が救われたであろう
素敵なハプニングです。