私は子猫を受け取ると、手のひらですっぽりと包んで温めました。私の手のひらに感じる子猫は、とてもはかなく弱々しいものでした。私は手のひらで温めながら、そっと子猫を撫でました。すると、子猫が初めて小さく鳴きました。子猫はママを探しているのです。その時私は小猫のママになると決心したのです。

いとこと私は子猫をシッシーと呼ぶことにしました。そして私は子猫のお世話を始めました。シッシーは、生まれてすぐにひとりぼっちになったせいで明らかに成長不足でした。私はシッシーのために自分にできる最善の努力をしようと思いました。

私の寝不足の日が何日も続いた後、シッシーは彼女の人生を確実に歩み始め、同時に我が家の探検を始めていました。シッシーは平均より小さいままでしたが、彼女が走るのにそれは問題になりませんでした。

満足のいくまで遊んだシッシーは、昼寝をするために私の肩によじ登りました。彼女は私の肩の上でとても上手に眠っていました。。

シッシーを彼女の兄弟たちに会わせる時が来ました。兄弟に歓迎されたシッシーは、特にバニラのお気に入りになったようです。シッシーもまたバニラを頼りに感じたようで、2匹は一緒に過すことが多くなりました。バニラの背中はシッシーのお気に入りの場所になりました。

私もいとこも、シッシーが最初の夜を越えられえるのかは分かりませんでした。でもシッシーが、ミルクの哺乳瓶に手を伸ばして飲んでくれたとき、きっとこの子は生きてくれると確信が持てました。私は彼女の生きる意志を支えることに全力を注ぎました。シッシーは、これからも体重を増やしながらすくすくと成長を続けます。彼女はまだ小さいですが、平均に追いつくのももうすぐです。