弟のシッポが小さくてちょろちょろ動いているので、それが気になって仕方がないお兄ちゃん。
弟はまだ痛かったりしないせいか、ちょっとぽかんとした顔をしています。

お兄ちゃんは容赦なく弟のシッポを攻撃!
弟は「や~め~て~」と聞こえてきそうなポーズをしていますが、一応まだ許容範囲内みたい。

しかしついに痛みを感じたのか、お兄ちゃんに抗議!
「それは!ぼくの!シッポなの!!」
顔を上げてお兄ちゃんに歯を立てようとします。

でもお兄ちゃんはそんなの全然気にしませんw
引き続きシッポで遊び始めてしまったお兄ちゃんに、弟はもはや諦めた様子w
なんとも寛容な弟くんなのでした♪