以前の飼い主さんは家を失い、それまで一緒に暮らしてきたゴールディとその子猫、バタースコッチが飼えなくなったと私たちの施設に彼女たちを連れて来ました。突然、環境が変わってしまったために、ゴールディは現実を受け入れられず、心を閉ざして物陰に隠れたまま、じっと動かずとても怯えた様子を見せていました。

ゴールディの子、バタースコッチは生後4週でまだまだ母猫のお世話が必要な小さな子猫でした。私たちはゴールディとバタースコッチの今後を心配し、親子には安心して過ごせる愛情ある環境が必要だと思い、里親をしている若い女性に親子を預けることにしました。

彼女はこれまでたくさんの猫や犬を預かりお世話をしてきました。彼女はゴールディとバタースコッチを迎えて、親子に安心して過ごしてもらいたいとたっぷりの愛情を注いでくれました。そんな彼女に先に心を開いたのはバタースコッチでした。始めは怯えていた彼でしたが、すぐに彼女に甘えはじめ、撫でると喉を鳴らしはじめたそうです。

彼女はバタースコッチにたっぷりのご飯と、たっぷりのお風呂、たっぷりの遊びにたっぷりの愛情を添えました。バタースコッチは、家の中で冒険を始め彼女に甘えると安心しきった様子で眠るようになったそうです。

かたや、ママのゴールディは彼女の家に移された後も怯えて身を隠す状況に変わりはありませんでした。まるで心に固い砦を作ってしまったかのようでした。しかし、彼女は決して諦めず、ゴールディに言葉をかけ続け、ゆっくりと時間をかけてゴールディの心に寄り添っていました。

しかし2か月が経った頃、そんな彼女にゴールディも少しづつ心を許し始めました。彼女が撫でるとお腹を見せて喜ぶようになったのです。ゴールディが彼女に信頼を置くようになったとき、彼女はとても喜んでいました。

彼女の家での生活が3ヶ月を迎えたバタースコッチは、順調に成長しこんなにハンサムな猫になりました。ゴールディとバタースコッチは突然住み慣れた家を失くし、家族を失ってしまいました。一時は現実を受け入れられずに、再び人との生活ができるかと心配もされました。しかし、里親の彼女の温かい愛情に包まれてもう一度、自分たちの家を見つけることができたのです。彼女の献身的な姿に、私たちは感謝の気持ちでいっぱいです。