キティパンツが再び現れたとき、カップルはとても喜んだのですが、すぐに彼女が妊娠していることに気が付きました。きゃしゃな身体なのに、お腹だけはパンパンに膨らんでいたのです。いつ生まれてもおかしくない時期でした。カップルは、逃げ回るキティパンツをようやく保護し、安全な出産ができるように準備を始めました。

ところがちょうどその時期、カップルは町を離れなければならず、地元の動物保護団体に協力を求め、キティパンツは施設で出産を迎えました。そして数日後、キティパンツは7匹の子猫を無事に出産しました。そして、キティパンツ一家はポールさんとヘザーさんご夫妻に預けられることになりました。キティパンツは新しい家とポールさんたちにすぐに慣れてくれました。初日の夜には頭突きをしたり、撫でられると喉をゴロゴロと鳴らしたそうです。

子猫にジーン、パンタロン、ブリーチ、ブリチス、ブルマー、コーデュロイ、チノと名前が付けられました。子猫たちは目が開くのも、よちよち歩きを始めるもまちまち。でも、みんな元気にすくすくと大きくなっていました。

キティパンツは一度に7匹の赤ちゃんの世話をすることになったので、それはもう猛烈に忙しくなっていました。しかも7匹にミルクをあげるのですから、キティパンツ自身もそれまで見たことのない勢いでご飯を食べました。ウエットフードの大きな缶を一日に3個もたいらげたこともありました。

生後1か月。ポールさんたちは毎日子猫の体重を図っていました。子猫たちの成長はそれぞれのぺースであることに違いありませんが、とても元気です。キティパンツはこれからますます大忙しになります。子猫たちはそろそろ寝床の箱を脱走を始めていました。キティパンツの食欲は忙しさに比例し、つい最近1日で5缶を平らげる記録を更新させました。

2か月が過ぎ、彼らをそれぞれ引き取ってくれる家族を探し始める準備が始まりました。子猫たちの体重はそれぞれ1000gを越えました。健康な彼らは今、家じゅうの探検を楽しんでいます。

おやおや?双子のようにっそっくりですが、下にいるのがキティパンツ、ママに甘えているのがブリチスです。そろそろ1歳になります。子猫たちはそれぞれに家族に引き取られ、元気に暮らしています。カップルに可愛がってもらったキティパンツは、それからたくさんの人たちに支えられて無事に7匹の子猫を育て上げ、あたたかい家族のもとで暮らすことになりました。キティパンツこそたくましい母かもしれません。