にゃんこ堂とは

東京・神保町にある「姉川書店」さんの一画にある「にゃんこ堂」は日本にはここにしかないような猫本専門書店なんです。

本棚のほとんどにぎっしりとあるのが全て猫関連の本。写真集やコミックはもちろんのこと、エッセイや絵本、小説、専門書などなど、本当にさまざまなジャンルの猫本がたくさん集められています。
       猫本専門書店にゃんこ堂

実は本屋の一画

猫本専門書店「にゃんこ堂」とはいうものの、神保町の姉川書店という普通の本屋さんの一画に猫本棚がある、いわば書店内の書店なんです。

猫好きがついはまって長居してしまうことから、ひそかに「猫好きホイホイ」とも言われているらしい。
開店と同時に猫好きを吸い寄せるそこは、
姉川書店内の小さな猫コーナー

にゃんこ堂誕生秘話

どうして「にゃんこ堂」をはじめることにしたのでしょうか?

50年以上本屋を営む店主のひとり娘のユウコさんによると・・・。
「大型書店やコンビニ、アマゾンで本を購入する人が増える中で、街の小さな書店が出来ることは…と考え、 専門書棚を作ることにしました。ヨガでも猫でも世界旅行でも何でもよかったのですが、商品探しをした時に一番面白く奥行きがあったのが“猫”だったため猫本専門に決めました。」

出典:inumo-nekomo.jp

そうやって「にゃんこ堂」が誕生しました。

にゃんこ堂店長「リクオ君」

「にゃんこ堂」の店長は、スコティッシュフォールドのリクオくん。
リクオ店長はとても内気な性格のため、普段はお店にはいないそうですが、「にゃんこ堂」のFacebookページでその姿を見ることができます。
にゃんこ堂店長のリクオ君

めっちゃ可愛い♪

猫本の数々を・・・

もちろん猫好きさんなら
持っている本、読んだことある本、大好きな本ってありますよね。

きっとここにもあるはずです。
猫好きさんなら知っているはず。

猫写真家で有名な岩合光昭さんの本。
最近はやりの「飛び猫」

大好きな本のひとつ「100万回生きたねこ」
もちろん「きょうの猫村さん」もあります
トッドアイが神秘的なふくまる。
みさおおばあちゃんとの日々が綴られています。
「猫だらけ」
このチビワル猫さん 魅力的です。
ありとあらゆる猫本が並んでいます。
猫好きさんは
ここから動けなくなってしまいますよ!

猫グッズも充実しています

「にゃんこ堂」では猫グッズも充実していす。
どれもこれもかわいくて、ついたくさん買ってしまいそう。


どれもこれも 猫 猫 猫

みーんな欲しくなっちゃいます♪

特製ブックカバー

飼った本にかけてくれるブックカバーもオリジナルの猫仕様という徹底ぶりです。

これは可愛い

絶対 本 買ってしまいますねー!

にゃんこ堂 詳細

所在地:東京都千代田区神田神保町2-2 姉川書店内
電話:03-3263-5755
営業時間:平日10時~21時、土曜12時~18時、日曜定休


お気に入りの一冊を探しにおとずれてみてはいかがですか。