飼い主さんに乗っかってリラックスタイムな猫ちゃん。
そこに不意に邪魔者が……!?

「読んじゃだめにゃ」
飼い主さんの顔が隠れることが嫌なのか?
単に視界がせまくなることが嫌なのか?
猫ちゃんは手紙を足で踏んづけますww

再挑戦してもだめw
「邪魔にゃ。どけるにゃ」

最後は読むことができましたが、もしかすると少し位置が低めなのかもしれません。
「……まぁお顔見えるならいいにゃ。早く終わりにするにゃ」
もしかしてそんなことを考えていたのかも?