そもそも「スナネコ」ってなんなの?

大きな耳が特徴的です。
えっ、子猫?いえいえ、立派な大人なんだそうですよ。
体長50cm、尾長20cm、体重1.8〜3.6kg。耳は大きく尖っている。毛色は黄色で青白い線が走っているが、この線がほとんど見えない個体もいる。尻尾の先は黒っぽい。熱い砂から皮膚を守るため、足の裏は長い毛で覆われている。

出典:ja.wikipedia.org

アフリカからアジアの砂漠に暮らす野生のネコ、それがスナネコ。

出典:youpouch.com

普通の猫より少し体が小さく、野生の猫とは思えないふわふわさと愛らしさにメロメロです。
特徴的な模様もあって、飼ってみたい!と思う人が続出しているんだとか。

でも、性格は結構獰猛。野生らしく堂々としており、人になつきません。うかつに触るのは難しそう。
また肉食ですので、食事もワイルドです。

残念ながら、日本では見られないようです。

スナネコって家で飼えないの?

獰猛だと言われたって、こんな愛らしい寝顔を見たら、飼えるんでは……と思ってしまいそう。
元々の生息域の環境が過酷なので、非常に慎重で人に懐かない上に、普通の家で飼うと呼吸器障害を起こしてしまうので、ペットして飼育するのは無理みたいです。

出典:nekoen.mobi

また、スナネコは絶滅危惧種ですので、そういう意味でも厳しいですね。

最高に癒されるスナネコ画像

ちょっと困ったような顔の子猫たちがチャーミング!
やっぱり猫。ザラザラの舌で綺麗にグルーミングです。
親猫はもちろん、子猫が最高にカワイイ!でも、やはりちょっと野生のワイルドさを感じるかも。
洞窟からひょっこり。
遠くを見つめる子供スナネコと、カメラを警戒しているのか睨みつける親猫。
お母さんがしっかり見張っています。
もみくちゃ。
愛らしいあくびですが、やっぱりよく見ると牙が結構鋭い!

飼えないし日本では見られないけど、せめて

とっても愛らしく、かつカッコいいスナネコですが、前述の通り残念ながら日本では見られません。
せめて画像で癒されながら、絶滅の恐れが無くなる日を待ちましょう!