猫は首をくわえて運ぶけど、大丈夫なの?

猫が子猫をくわえて運んでいるのって、イラストなんかでもたまに見ますよね。かわいいけど、何かちょっと痛そう……と思うかもしれませんが、実は大丈夫。
襟首(えりくび)と呼ばれる頸(首)の後ろの皮膜は痛点が鈍化しており、親猫が子猫を運ぶときここをくわえる。この特徴は成猫になっても残るため、成猫でもヒトがここをつかんで持ち上げることができる。

出典:d.hatena.ne.jp

親猫は本能的にその場所がわかっていて、子猫を運んでいます。だから、子猫は噛んで運ばれても大丈夫なんです。
また、子猫も本能的にその場所をつかまれると大人しくなるようです。動物病院などで利用されている現象なんだとか。

素人がやると場所を間違えて首がしまってしまったり、筋肉に悪影響が出る恐れがあります。
危険なので、やめましょうね!

子猫をくわえて運ぶ親猫たち!

日常でたまに見る光景

子猫が両前足を広げて、なされるがままになっているのが何とも言えず可愛らしいですね。

逃げろ、と言わんばかり?

飼い主のミルクをこぼしてしまって、退散しようとする親子かもしれません。

渡さないぞ、とこちらをじろり

クリーム色の毛が綺麗な親子。段の上には、もう一匹運ばれてきたであろう子猫も!

ちょっと珍しい猫も

こちらは砂漠などに生息するスナネコ。きりっとした目が美人さんですね!

車も止まります

かわいすぎる宅配便に、車も止まります。停止させている方の笑顔が印象的ですね。

ついついアテレコしたくなる!?

完全にそっぽを向いた親猫と、鳴いているであろう子猫の表情が印象的。「買ってよー!」「だめ、帰るよ!」なんて想像をしてしまいます。

番外編

こちらは、犬に運ばれる猫。猫はぴんと足を伸ばして揃えていますが、どこか憮然とした表情なのがまたかわいいですね。

こんなカワイイ猫の宅配便なら……

今回は子猫が猫に運ばれている様子をご紹介しました。
こんなにカワイイ宅配で猫が届いたら、幸せいっぱいになれそうです!