生後7週くらいの小さな子猫でした。
私が抱き上げたとき、ホッとしたような表情をしたの。すぐに家に入ってずぶ濡れの体をきれいにしてあげました。その子猫はネルと呼ぶことにしました。

飼い猫のアトラスも生後3週間くらいの時に、捨てられていたの。
土砂降りの中へ出ていったのは、子猫がいることを私に知らせたかったのね。
アトラスとネルはすぐに仲良しになったの。

アトラスは外で遊ぶのが大好きなの。ハーネスを付けてあげるとテンションが上がるのよ。
アトラスと私は週に2、3回は地元の公園へ散歩に出かけています。
ところが、私たちが出かけようとするとネルが鳴きやまなくなったの。

ネルの小さな体に合うハーネスが見つかったので、アトラスと一緒に散歩に連れて行くことにしました。
ネルはバックから出たがって、外に出るとアトラスと一緒に散歩を始めたの。

アトラスは、後ろを歩いて来るネルを時々振り返っていました。
アトラスとネルは外を満喫して、散歩の楽しさを共有しているようでした。
彼らは趣味の合う本当の仲良しになっていきました。

今年の2月、私の友人がネルを引き取っていきました。我が家からネルがいなくなり、アトラスは落ち込んでいるようでした。
でも、うちには他にも2匹の猫がいます。

いつの頃からかアトラスは、野良猫を見つけると家へ迎え入れようとします。
ネルという友人はいなくなりましたが、アトラスは新たな冒険に新しい相棒を探しているのかもしれません。
ほら、また声をかけているわ(笑)