私たちはカナダのブリティッシュコロンビア州で活動しているレスキュー隊です。この周辺には、約200匹の野良猫が住む地域があります。そこに、とても仲のいい夫婦マーベルとネーリックスがいました。ある時、ネーリックスの妊娠が分かり、私たちは彼女を保護しました。

施設で無事に子供を出産したネ―リックスでしたが、私たちに懐こうとはしませんでした。子供の出産は勿論ですが、マーベルと離ればなれになったことに不安を感じていたのかもしれません。一方のマーベルは施設の外でネーリックスのことをじっと待っていました。

彼はスタッフに懐いてスキンシップを楽しんでいました。でも彼はスタッフと仲良くしていれば、ネーリックスと再会できるのではと考えていたのだと思います(笑)私たちは、彼らの絆の強さを改めて知ることになりました。そして私たちは、彼らは飼い猫としてやっていけるのではと考え始めたのです。

数日後、子猫が十分に成長しネ―リックスの避妊手術を終え、マーベルを彼女のところへ連れて行きました。手術で元気をなくしているネ―リックスが、マーベルに会えれば元気を取り戻すのではと思ったからです。マーベルとネ―リックスはすぐに舐め合い、再会を喜んでいるようでした。

ネ―リックスが回復し元気になってからも、彼らは決して離れようとしませんでした。私たちは、2度と彼らを引き離すことはできないと思いました。そして、彼らを一緒に可愛がってくれる、里親さんを探すことにしたんです。すると、わずか産後76日、彼らを引き取りたいというご夫婦が現れました。

現在も彼らは新しいご家族のもとで元気に暮らしてます。
私たちはたくさんの猫を見てきましたが、こんなに絆の深い猫の夫婦には会ったことがありません。
彼らの絆を目の前にすれば、2匹を引き離すことなんて誰もできないと思います。