オフィスの外に猫が1匹近づいて来たんだ。
こっちを見ている表情が可愛い!・・・そう思って撮り始めたんだ。
猫は慎重に近づいて来た。

まずはガラス越しのコミュニケーション。
まちがいないっ!
なんてかわいい猫なんだ・・・(*´ω`*)

猫が外に誘っているような気がした。
オフィスの外に出ると、やっぱり近づいて来たんだ。
そして、僕の足にスリスリ。
・・・ははは(*´ω`*) 困ったな・・・どうしよう・・・

同僚が猫に声をかけると、彼の方へ行って撫でられていた。
ダメだ・・・撃沈だ・・・

ラスティーはこの日以来、僕の家族になりました。
その後、ラスティーの友達を数匹迎え入れ、僕の家は賑やかになりました。
あの日、ラスティーは僕を選んだことをオフィスに伝えに来たんだと思う。
彼の眼は確かだったってことです。