理由は分かりませんが、子猫がお墓の中から出られずにいるようです。墓地の関係者はお墓の持ち主に許可を取り、お墓を解体して地元の動物レスキュー隊に子猫の保護を依頼しました。

お墓の前が取り除かれると、中は暗くて深い洞窟のようです。幸い、勇気あるボランティアの一人が中に入ってくれることになりました。

彼のおかげで、お墓の奥に隠れていた子猫は無事救出することができました。
助けられた子猫は軽い脱水症状がありましたが元気はありました。

子猫の安全のために母猫がお墓に隠したようですが、何らかの理由で母猫が戻れなくなってしまったようです。母猫が心配ですが、子猫は助けることができました。恐怖を感じた作業員の方は気の毒でしたが、彼のおかげで子猫の存在が明らかになってよかったですね。