『私の家のシンクで、2匹は抱き合って寝ていました。』ケリーさんは、2匹の里親さんを探すために、地元ノースカロライナ州で決して安楽死をしない動物保護施設のSPCAに相談しました。

2匹を受け入れてくれたSPCAで、準備を済ませたスィートピーとプリンセス。ここで里親探しが始まりました。施設のスタッフは、2匹の猫が抱き合った写真をFacebookに投稿しました。プリンセスがスィートピーに腕を回し、抱き寄せています。

里親になることに興味を持つ人が訪れる部屋で、里親さんが決まるのを待つ2匹。スィートピーとプリンセスは、お互いの毛づくろいをしながら決して離れようとしません。

2匹の里親さんが決まるまで、2時間とかかりませんでした。2匹は現在、里親さんのもとで幸せに暮らしているそうです。そう、ピッタリと寄り添って寝ていますね。2匹の固い絆は、周りの人間を動かすほどのものでした。2匹の願いがかなって、本当によかったですね。