実は、ジャージーキャットのスタッフは、ルパートが保護される数週間前すでに妊娠していた猫のお腹が小さくなっていることを確認します。
ところが、子猫が見当たりません。そこで、子猫を保護するために捕獲用の罠を仕掛け、ルパートの保護に成功したのでした。

数匹居たはずの子猫は、ルパート以外見つけることができなかったため、子猫の捕獲を続行しルパートと施設に向かいました。
施設に向かうまでのルパートは、時折威嚇するような姿勢をとりました。スタッフ達は、ルパートが野生に戻ってしまったのではと不安になったそうです。

とても汚れていたルパートを、施設のスタッフはお風呂に入れてあげることにしました。
保護されて2時間後、意外なことが起こりました。
お風呂に入れられるルパートはされるがまま、すっかり身を委ねてくれたのです。
とてもおとなしく、気持ちよさそうにお風呂に入れてもらいました。

生まれて初めての経験が続いたこの日。
ルパートはお風呂に入れてもらったことで、人の手の温かさを感じられたのかもしれません。
それからというもの、ルパートは施設での生活を楽しめるようになりました。

そんなルパートに、施設のスタッフのアテネさんは里親になることを決心しました。
生まれて数週間で家族と離れ離れになってしまったルパート。
生まれてはじめてのお風呂をきっかけに心を開いてくれました。
『はじめはあんなに怯えていたのに、今ではすっかり甘えん坊です』
アテネさんが目を細めて話してくれました。