猫は痩せた身体にお腹が膨らんでいました。妊娠です。なのに食べることに苦労していたようで衰弱していました。とりあえず、安心して子供が産める環境を準備しました。僕は彼女をアンジェリーナと呼ぶことにしました。アンジェリーナはとても穏やかで甘えん坊でした。

ご飯をあげるようになって元気が戻ってきましたが、お腹の子どものこともあるので動物病院へ連れて行きました。アンジェリーナのお腹には、2匹が宿っていることが分かりました。アンジェリーナも、さほど健康状態に問題はありませんでした。

数日後、アンジェリーナは2匹を出産しました。しかし、残念なことに1匹は生まれて間もなく、亡くなってしまいました。それでもアンジェリーナは生まれた子供の世話に集中していました。愛情のすべてを注ぎ込んでいるようでした。

そして、僕にまで愛情を注いでくれたのです。実をいうと、僕は生まれてすぐに息を引き取った子猫のことで、ひどく落ち込んでしまいました。そんな僕の様子に、アンジェリーナは子猫の面倒を見る傍ら、僕のそばにも寄り添ってくれていたのです。

小さな子猫は、元気いっぱいにママアンジェリーナのお乳を飲んでいます。アンジェリーナはきっと立派に育ててくれるでしょう。
僕には思いがけない出会いでしたが、あの時の彼女の決断は僕にとって幸運だったと思います。幸運を運んでもらった代わりに、僕の家をアンジェリーナの家にしてもらいました。
これからずっと、僕らは一緒です。