雪の中でじっとしている猫ちゃん。
お髭に氷がついてしまうほど長くここにいるみたい。
何故かと言えば、足と尻尾が氷ついてしまったのです!
撮影者はこの猫の救出に取り掛かります。

お湯を運んできて、猫ちゃんの足元へ。
右の前足はすぐにはがせましたが、左がなかなか……。

男性が猫ちゃんの首の後ろを掴んで、溶けた部分が再び水に触れて凍らないようにしています。
猫ちゃんも自分を助けようとする行動だとわかっているのかおとなしいです。

やっと左足も取れました!
ここから尻尾と後ろ足も溶かしていって……。

良かった~!!無事に氷の地面から離れ、暖かいコートに包まることができました!
救出後は足もきちんと動き、元気だったそうです。

ちなみに、この猫ちゃんは元気でしたが重い低体温状態の生き物の手足を急激に温めると、ショックで命の危険に陥ることもあるそうです。
もしも救助することになった際は、慎重に。