イカは工夫すれば食べられる!?

イカを何とかして食べようとするネコちゃん。
昔からネコにとってイカは、与えてはいけないものと言われてきました。それは本当の事なのです。イカに含まれる「チアミナーゼ」と呼ばれる成分により、ネコちゃんは体内のビタミンB1を異常に消費し、結果としてビタミンB1不足になるからなのです。

では、タイトルの「工夫すれば食べられる」とは、いったい何なのでしょうか?

先ほどの有害物質「チアミナーゼ」という成分は加熱すると壊れてしまいます。ということは、鉄板焼きやボイルするなどの十分な加熱処理を行えば、与えられるという事なのです。加熱処理を行ったイカを食べやすいサイズにして与えると、イカは猫にとっては栄養豊富食べ物になります。また、タコに関しても、イカと同じように加熱処理を行えば、食べさせて大丈夫な食材になります。
結論としては、釣ったばかりのとっても新鮮な生のイカ以外は生食はダメで、内臓と頭は加熱しても食べられないので、取り除いてあげるという事になります。

では、貝類はどうでしょうか?
アワビを初めとした貝類のごはんである海藻が、分解されて貝類の体内でできる物質が、ネコちゃんたちにとっては皮膚病を引き起こす原因になるそうです。という事は、貝類は与えてはいけない食物になります。特にアワビなど貝類の内臓には気を付けてください。
ただし、アワビの貝柱だけをとって加熱してあげると、こちらはおやつにぴったりの素材になります。

私たちがちょっとした手間を加えると、ネコちゃんにもおすそ分けできるんですよ。

危険!与えたら大変な事になる食べ物

「これ、食べられるかなぁ…」
私たちの身近な食べ物の中には、ネコちゃんにとっては重病を引き起こしたり、時に命を奪ってしまうものがあります。いくつかご紹介いたします。

身近な野菜が危険だった!

野菜の中で危険な食べ物は、玉ねぎなどのネギ類です。ネギ類には「アリルプロピルジスルファイド」という成分が含まれているのですが、この成分はネコちゃんにとっては命取りの成分で、なんと赤血球を破壊してしまうのです。その結果、重篤な貧血を引き起こして死亡してしまします。この成分、加熱されてもなくならないので、例えば玉ねぎの入ったスープなども与えないでください。
あと、玉ねぎはユリ科の植物なので、球根はさすがに食べないとは思いますが、ガーデニングが好きな方は管理に気を付けてください。

果物でも危険なものがある

果物の中で危険な食べ物は、ブドウやレーズンです。これには、レーズン入りのパンも含まれます。どうしていけないのか、その原因は今のところ研究段階でわかっていないそうです。しかし、研究の経過としては、嘔吐から始まり腎機能障害を引き起こし、最後には死んでしまう事だけがはっきりとわかっています。

あと、アボカドも危険な果物に該当します。アボカドに関しては、人間以外のすべての動物で与えてはいけないものとなっています。原因は、アボカドに含まれている「ペルシン」という成分。では、どんな症状が出るかというと、痙攣や呼吸困難を引き起こし、こちらも死んでしまう原因となってしまいます。

その他に危険な食べ物は?

ココアやチョコレートでお馴染みのカカオです。こちらは、「テオプロミン」という成分をネコちゃんの体内で処理できずに、嘔吐や下痢にはじまり、その後てんかんをはじめとした異常な神経障害を引き起こしてしまいます。

また、コーヒーやお茶、コーラや栄養ドリンクなど多くの飲み物に含まれている「カフェイン」も危険です。「カフェイン」を私たち人間は、頭をスッキリさせるためにとっていますが、ネコちゃんにとっては有害な物になります。ちなみにカフェインによるネコちゃんの致死量は、体重1kgあたり150gだそうです。これは、子猫だとあっという間に致死量に達してしまう事になります。

最後に、香辛料やアルコールも、冗談半分でも与えないでください。ネコちゃんにとって消化できないものなので、胃や腸、肝臓などの消化器を傷つけ、内臓障害を引き起こしますよ。

意外!牛乳も与えるときは要注意!

みんなで仲良く、ミルクを飲む子猫たち。
昔からネコは牛乳が好きで、人間用の牛乳を飲ませているご家庭もあると思います。ネコちゃんがおいしそうに牛乳を飲む姿はかわいいものです。
でも、実はこれもネコちゃんにとっては、下痢を引き起こす原因になります。どうして牛乳が下痢の原因になるかというと、人間でも牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしてしまうのと同じ理由なのです。
悪さをしているのは、「乳糖」と呼ばれる成分。なので、「乳糖」を除去してあるペット用の牛乳を与えればよいという事になります。
ちなみに、ネコちゃんは、牛乳が美味しいから飲んでいるのであって、本来は必要なものではありません。理由はネコちゃんは本来、肉食動物だからです。

最後に、ネコちゃんも下痢が続くと水分がなくなると同時に体力も多く奪われますので、ご注意を!

のどに詰まるものは与えないで!

気持ちよくて、横になってみた♪
のどに詰まるものと言えば、人間も同じですが魚や肉類の骨です。なので、与える前に骨と身を分けて、身の部分だけを与えるようにしてください。
この他に、梅や桃など果物の種も、興味をもって遊ぶうちに飲み込んでしまう恐れがあるので、猫の目のつかないところにすばやく処分してしまう方が無難です。

ちなみに万が一、のどに詰まらせた時の対処法を載ったホームページをご紹介します。一度目を通しておくと、何かの時に役立つのではないのでしょうか。

さいごに

私たち人間と一緒に過ごすネコちゃんですが、人間とは食べるものが違います。ネコちゃん用に加工されたものだけを与えるのが一番なのですが、飼っているとかわいくて、おねだりされるとついつい人間の物を与えてしまう事があります。今回まとめたものはあげられないという知識があれば、おすそ分けした食べ物で、病気などにかかることを防ぐことができますので、参考にしてくださいね。