私はまず、猫をお風呂に入れてきれいにしました。ご飯をあげると、少しずつ元気になりました。数時間後には、家の中を元気に走り回るようになったんです。走っている姿がなんだか猿のように見えたので、モンクと呼ぶことにしました。

モンクに里親が見つかるまで、私が世話をすることにしました。私の家でのびのびと暮らしていたのですが、ある時からモンクに異変が起こりはじめたんです。うちに来たときは、ごく普通の猫だと思ったのですが、モンクの犬歯が突然伸び始めたんです。

何か病気ではないかと心配になって、動物病院へ連れて行きました。幸い、モンクの健康状態に問題はなく、犬歯はそのままの状態でいいということでした。伸び続ける犬歯が、吸血鬼の牙みたいになってビックリしたのですが・・・病気ではないと分かると、なんだか妙にかわいく思えてきました。

私はモンクの里親探しをやめることにしました。しばらく一緒に暮らしてみて、今ではモンクを手放すなんて考えられなくなったんです。そして、私とモンクに新しい家族が加わることになりました。

もう1匹、黒猫のベニーを保護したんです。モンクとベニーはお互いをとても気に入ったようで、すっかり仲良くなりました。モンクとの出会いをきっかけに、私の生活は一段と賑やかになりました。
モンクの魅力に射抜かれたのは、私だけではありません。モンクは『ヴァンパイア キャット』として、インターネットで人気者になったんですよ。