子猫が助けられたのは、交通量の多い州間を走る高速道路の真ん中でした。一家の主人は、目撃した瞬間に『助けなきゃ!』と思ったそうです。助けられた子猫は、応急処置を済ませると、地元の動物レスキュー団体が運営する施設に移されました。

施設に移された後も、懸命の治療が続けられました。子猫には、助けられた場所、〈ハンティングトンのハル・グリア出口〉にちなんでハリー・グリアと名付けられました。そして1週間後、ハリーは奇跡的な回復を見せ、自分の足で立てるようになりました。

ハリーは施設の人たちに甘えるようになり、喉を鳴らしながらがむしゃらに抱きつくようになったそうです。それはまるで、「助けてくれてありがとう」と繰り返しているようでした。ハリーを助けてくれた一家も、彼女に会うために頻繁に施設を訪れてくれました。ハリーは、一家を見つけると駆け寄って歓迎し、笑顔を見せていたそうです。

高速道路で助けられたハリー。自分を支えてくれたたくさんの人に、精一杯感謝の気持ちを伝えたかったのでしょう。
その後、ハリーは新しい家族のもとへ引き取られていきました。飼い主さんは、付きっ切りでお世話をしてくれる方です。ハリーの首には、小さなピンクの鈴が光っていたそうです。