ペットショップの開店時間はAM9時。グラハムはその前にやって来ると正面の扉の前に座って待っています。開店すると、慣れた様子で店内に入っていきます。

グラハムがキャッシャー台に上っても、誰も彼を叱ったり嫌がってはいません。スタッフも買い物客も当たり前といった感じです。

グラハムは店内を自由に見て回ります。時にはショーケースの上に上がって気になるおもちゃを眺めたりしています。彼のマナーを知っているスタッフは、グラハムを信頼しているんですね。

小動物のケースや、熱帯魚の水槽の前で顔なじみの住人達に挨拶をしているグラハムです。

開店からの数時間、グラハムは自由に店内に滞在するのが日課になっていると伝えています。いい話ですね♡