私は猫についての知識が無かったし、
あの時は、もう深夜で開いてるお店が殆どなかったの。
だから、空いてるお店を探してドライフードを手に入れたの。

この子がどんなに小さかったのか分かるといいけど・・・
ご飯をあげたのは醤油皿なの。
こんなに小さい子を誰もそのままになんてできないと思うわ・・・

私は猫アレルギーだし、
この子が元気になったら保護施設に連れて行こうと計画したわ。

とりあえず、子猫をルーと呼ぶことにしたの。
最初の夜、ルーは私の帽子で眠ったわ。

翌朝、目覚めたルーは食べることも飲むこともせずに
目を閉じたまま部屋の片隅でじっと動かなかった。
動物病院で診察してもらったら・・・

獣医さんはルーを生後3.5週くらいだって言ったわ。
小さいはずよね。それより・・・ルーの症状は酷いものだった。
栄養失調で潰瘍が舌全体にあるっていうの。
飲食も毛づくろいもできる状態ではないと。
感染症のせいで鼻と目が閉じていて、虫歯と耳炎、脱水症状も起こしていたの。

抗生剤の投与と哺乳瓶で食事を与えて・・・1週間たった頃のルーよ。
この時は遊ぶためにここまで上ってきたわ!

私の猫アレルギーは、猫が近くにいると吸入器が必要なの。
ただ。
ルーと出会って4か月。
ひとつだけ計画を変更したわ。
ルーの保護施設の件は中止!
だって、私の家族になったんだもの。