まずは初級の「開けてー」
ドアのガラスに手をついて伸び〜。
この程度でも開けてもらえる事が分かっているのか
余裕の「開けてー」です(^ω^)

続いて、中級の「開けて〜」
ナチュラルにガラスをカリカリしています。
必死さは全くないですね。
「早く〜」って感じの「開けて〜」

ここからは上級「開けて〜〜〜!!」です(笑)
一瞬背後を気にする上級開けて猫さん。
その後、ドアのガラスに向かい
シャドウボクシングばりの高速カリカリ!!
さすが上級開けて猫さん。
必死度が違います!
過去に開けてもらえなかった経験でもあるのでしょうか(^_^;)

こちらはも「開けて〜」猫さんですが、
ガラスが綺麗すぎてパントマイムにしか見えないので
パントマイム開けて猫さんです(笑)

猫の必死度によって開けても色々です(≖ლ≖๑ )プッ