玄関ドアの前に待機していた猫戦士。
気配に気付くとすぐに臨戦態勢に入ります。

待っていたよ(=^・・^=)!
いつも同じ時間に来るとは、どういうことなんだ?

配達員さんは困っています。
苦笑してしまう鉄壁の守り!
どうしても、入れさせてもらえません(´;ω;`)

私がいる限り、ここは通さん(=^・・^=)!

この戦士も外の気配を感じています。
一旦は、小物の侵入を許してしまったものの・・・
続いての侵入者に鋭いパンチをお見舞いします!

苦~~~~!!
なんたる不覚!!
今度はそうはいかないぞっ(=^・・^=)!

少しぽっちゃりしたこの戦士。
前足を思いっきり外へ伸ばしますが侵入されてしまいます。
諦めないこの戦士はくわえたまま・・・

口惜し~~~
このまま、息の根を止めてやる~~~(=^・・^=)

この戦士に至っては、ロングジャンプで侵入者に跳びかかります。
余りのスピードに、静止画にできません(´;ω;`)

猫戦士たちにとって、
手紙もチラシも新聞も得体のしれない(?)侵略者。
闘志を掻き立てられるのでしょうか。

ソレニシテモ・・・
クチャクチャになった配達物を見る羽目になる家主さん、
日々理不尽に拒み続けられる配達員さん、
お疲れ様です。