壁の中から猫の声がする…
そう思って天井の隙間から覗き込んでみたら、壁の隙間に子猫が挟まっていました。
家の構造を考えてみても侵入できるような場所はなく、どのようにして侵入してきたのか凄く謎です。

壁には4センチほどの隙間しかなく、壁を壊すのかどうか…それとも他に方法があるのか…。
4時間ほど救出方法を思案した結果…なんとか救出することができました。

まだ動き方も心もとない感じがするほどの子猫でした。
それにしても、壁との隙間に挟まっていたせいか凄くガックンガックンのブルンブルンになっていますが大丈夫でしょうか…。

近所に親猫と思しき同じ色の猫がいるので、ミルクを与えた後に戻してきました。
今度はこんな場所に迷子にならないようにね♪