猫の「ロージー」は、まだ彼女が生後3か月ほどだった頃に保護され、そこの家に住んでいる「リロ」というハスキー犬に育てられてきました。
生まれてすぐに母猫と離れ離れになってしまったロージーは家族の愛を知りませんでしたが、リロはそんなロージーの事をすぐに受入れ娘のようにかわいがり、一生懸命お世話をしてくれました。

そして、その後この一家に身寄りのない9匹の子猫が保護されてやってきました。
ロージーはすぐに子猫たちが来たことを誰よりも早く察知し、駆け足で子猫たちに近づいていきました。

ロージーは、9匹の子猫たちのそばに横たわると、そのまま子猫たちのお世話をはじめました。
子猫を生んだ経験もなくもちろん母乳も出ませんが、彼女は母の顔で9匹の子猫たちを愛しました。
そう、まるでその姿は自分を育ててくれたリロを真似ているようでした。

その後、ロージーの愛を一身に受けて育った9匹の子猫たちは順調に成長し、それぞれ里親のもとへ巣立っていきました。
そして、ロージーとリロは子猫たちが巣立った後も家にやってくる身寄りのない動物たちの世話をし続けているそうです。

リロの教えや優しい心はしっかりとロージーに受け継がれ、動物の保護を続ける一家の支えとなっています。