暗い部屋にうっすらと浮かぶシルエット…。
カチカチと部屋の明かりをつけると、ティガがロビンにマウントしていました。
あ、あれ…これはお邪魔してはいけない雰囲気だった…?

特に気まずくなった訳ではないのですが、ロビンはちょっとご機嫌斜めです。
いつもティガにマウントされてしまうのですが、きっとロビンの中での力関係は自分のほうが上なんでしょうね…。

自分との力関係を示すためか、今度はロビンがティガに噛みつきはじめました。
こうなってしまうと、もうティガにはなすすべがありません。
どうやら実際の力関係は本当にロビン>ティガという感じらしいです。

ついに立場が逆転しました。
今度はロビンがティガにマウントしています。
…いや、だけど二人とも…男の子同士…だよね…。

いつも一緒にいて仲が良いので、本当にラブラブな関係なのか…
それともプロレスごっこが熱いお年頃なだけなのか…
とりあえず、仲良きことは良いこと…ですよね!