クロアシネコは、南アフリカなどの半砂漠地帯やサバンナ地帯に点在する野生の猫で、現存する猫の中で最も小さな猫の一種です。

エネルギー消費が非常に高く、成猫の場合一晩で250gもの肉を食べるそうです。
これは、人間でいうと60kgの人が10kgもの肉を食べるのと同じです!
小さな体のわりに、とても大食漢!

『さぁ、ご飯にしようね。』

飼育員さんがスポイトでミルクをあげています。
その飲みっぷりに、飼育員さんも思わず笑みがこぼれます。

『そうそう、いい子ね、たくさん飲んで!』

クロアシネコは、とても勇敢でスタミナのあるハンターです。
キリンの頸静脈を狙って襲うこともあり、獲物を求めて一晩に25kmも移動するのだそうです。

この子も、毛布の小さな揺れに反応しています。

(=^・^=)何かいるのかにゃぁ?!

野生のクロアシネコは警戒心が強く、
人間が少しでも近づこうとすると逃げてしまうそうです。
しかし、追いつめられると獰猛に襲ってくることもあるといいます。

人間に愛情を注がれて大切に育てられている子猫。
こんな姿を見られるのは、本当に貴重なことなんでしょうね。

いっぱい飲んで
いっぱい食べて
いっぱい遊んで
大きくなってね♡