ある日ニースさんは森の中で、動かなくなった母親の傍で鳴く7匹の子猫を見つけました。
悲しい事に母猫は車に引かれて亡くなってしまったおり、ずぶ濡れに濡れた子猫たちがお腹を空かせてニャーニャーと啼いて途方に暮れていました。

ニースさんはすぐに子猫を保護し、シアトルにある動物保護施設へと連れて行きました。
保護施設でボランティアをしていたシンディさんがこの7匹の飼育をすることになったのですが、1匹だけ成長の遅い「リース」の事がとても気になっていました。
リースは保護当時他の兄弟の繁文程度しかありませんでしたが、保護後は見違えるほど食べるようになったそうです。

そんなある日のこと、19年間一緒に暮らしていた愛猫が亡くなってしまったニースさんは、シンディさんに「リースの里親になってはどうか」と提案されます。
そして、リースだけでは寂しいと思ったニースさんは、兄弟のボリスも一緒に引き取ることにしました。

愛猫を失った悲しみはリースとボリスによって癒され、元気になっていきました。
森の中で助けてもらったお礼に、こうして恩返しをしている子猫たち。出会いは偶然でしたが、もしかしたら運命の出会いだったのかもしれませんね。