アメリカ・バージニア州の牧場に、ある日一匹のオス猫がやってきました。
その猫は出産を間近に控えたヤギから離れようとしなかったため、職員は注意深く観察しながら見守ることに。
すると、猫はヤギのことをやさしくマッサージし始めました。

毎日妊婦ヤギ「コッパー」のもとへ通い続ける猫…。
そして、いつしか彼は「リトルボーイ」という愛称で呼ばれるようになりました。

優しい手つきでお腹をマッサージするリトルボーイ。
まるでベテランの助産師さんを見ているようですね!

出産後もこの奇妙な関係は続き、今ではすっかり仲の良い友人となりました。
そして、生まれた赤ちゃんヤギたちとも、仲良しになっているそうです。
これからも、この種族を超えた友情が続いていくといいですね♪