「…これは何だにゃ?」
見慣れぬ物体に、噴き出てくる真っ白い蒸気…。
未知と遭遇したネコ吉は驚きつつも興味津々です。

加湿器が一体なんなのかは分かっていないと思いますが、蒸気の下にいるとなんだか心地よい気がしているのかも。
蒸気を見つめたまま、そこから動こうとしません。

「…なんだか、ここはいい感じがするニャ…」
加湿器のことがお気に召したのか、どっしりと腰を据えたネコ吉。
蒸気をたっぷりと浴びて、美顔猫に生まれ変わろうとしているのでしょうか。

「失礼ニャ!ネコ吉はもともと美顔ネコニャ!」
視界がぼやけるほどの蒸気を浴びながらそんな事を言われても説得力がないような…?

「つるっつるのピッカピカニャ!」
心なしか若返ったような気がするネコ吉。
乾燥する季節にはやっぱり加湿器が欠かせませんね♪
これで健康も美容もばっちりOK!…かも?