日が暮れて、今日も一日お疲れさまでしたというムードが漂ってくる時間になりました。
すると…部屋の向からそっとこちらの様子を伺っていた猫がニャーと鳴きながら近づいてきました。
何かこちらに用事があるのでしょうか??

「早く寝たいニャー」
足元にちょこんと座って、小さな声で鳴きます。
そんなにいじらしく鳴いたって、まだ寝るには早い時間なので寝るつもりは…!!

「ねーえー、寝ないのニャ??」
無言の圧力とでも言うように、じっとこちらを見つめてきます。
だから、まだ寝る時間にしては早いんだってば!

しばらく圧力をかけてきましたが、飽きてしまったのか諦めてくれました。
急に何かを警戒しだしたのですが、何がいたのでしょうか…こ、こわい…。