「zzz…」
猫がベンチの背もたれ部分に寄りかかって寝ています。
その傍にはぺろぺろと毛づくろいをする猫が…。
この状況…起きている猫が寝ている猫の睡眠を妨害するっていうお約束な未来が見えますね!

「遊ぼうニャ~」
案の定起きている猫が寝ている猫にちょっかいを出し始めました。

「ねえねえ、あーそーぼーうーニャー!」
なかなか諦めがつかないのか、逆側にまわってちょっかいを出しています。

「暇ニャー暇ニャー遊んでほしいニャー」
さらに場所を変えて構ってオーラを出しています。
これだけまわりで騒げば少しは起きそうなものですが、まったく起きる気配はありません。

すると…
ストン…!
ちょっかいを出すことに夢中になりすぎて隙間に気づかず、見事にベンチの下に落下してしまいました。

「危なかったニャ…」
下から戻ってきた猫は再びちょっかいを出すことに夢中になります。
すると、ストン!
懲りずにまた落ちてしまいました。

そんなことを繰り返しているうちにお昼寝をしていた猫が起きてくれました。
これでもうさみしくないですね♡

一通り遊んで遊び疲れたのか、おなかを出してバッタリ。
今度は2匹そろってゆっくり休むことができそうです♪