スポ!
白黒の折りたたみ椅子があめちゃんの上に降ってきました。
「な、なにが起きたニャ?」

「…閉じ込められたニャ…?」
かあちゃんのイタズラだと気が付いたあめちゃん。
しかし、なかなか椅子の中から出ようとしません。

「……(意外と居心地がいいかもしれないニャ)」
狭さがイイ感じなのか、それとも自分の身に起こったことがよく分かっていないのか…あめちゃんは静かにじっとしています。

そこで、かあちゃんは椅子の上に座ってみることにしました。
これで椅子は動きません。

そろそろ椅子の中にも飽きてきたあめちゃん。
「さて、そろそろ出ようかニャ…」
真ん中にあいた一番大きなハートの穴から脱出を試みますが、思った以上に出にくい形状のようです。

「出れないニャ…」
片手が出ましたが、ここからの脱出はちょっと難しそうです。
「他のところから出られるかニャ??」

ぐるぐると考えた結果、椅子の下の隙間から出ることができました。
こんな狭い穴から出られるなんて、さすがネコ!

「かあちゃんに意地悪されてた気がするニャ…」
かあちゃんはあめちゃんが大好きなので、意地悪…というよりは、出来心なのかもしれませんね!