セムソムは生後2週間の頃、路上にあるゴミ箱の隣で発見されました。
発見された時周囲に母猫の姿はなく、セムソムはただ1匹でポツンと過ごしていました。

そんなセムソムを発見したのは、ジョエルさんという女性。
ジョエルさんはすぐにセムソムを連れて帰ることを決めました。

とにかく暖かくして、ご飯を与える。
そうした懸命のお世話と、ジョエルさんの温かい優しさのおかげでセムソムは歩けるほどに回復しました。
そして、ジョエルさんのことを母親だと思っているのか、甘えた様子で体を摺り寄せるようにまりました。

そんなセムソムのお気に入りは、ジョエルさんのおなかの上。
実はジョエルさん、妊娠中なのです。
セムソムは中にいる赤ちゃんと意思疎通をしようとしているのか、赤ちゃんが動くと嬉しそうにゴロゴロと喉を鳴らすようになりました。

ジョエルさんだけでなく、旦那さんにもとても愛されているセムソム。
最近では食べるご飯の量も増え、顔だちもしっかりとしてきました。
このまま皆の愛情をたっぷりと受け、幸せに育っていってほしいですね!