猫返し神社

猫返し神社と狛猫
「猫返し神社」と呼ばれる東京都立川市にある正式名称は阿豆佐味天神社 立川水天宮。1629年に創建された阿豆佐味天神社は、本殿は立川市最古の建築物で市有形文化財にも指定されている、小さいながら地元では有名な神社です。

医薬・健康・知恵の神、少彦名命(すくなひこなのみこと)と、文学・芸術の神、天児屋根命(あめのこやねのみこと)を祀っています。
阿豆佐味天神社 立川水天宮
「猫返し神社」と呼ばれているのは、この神社の中にある「蚕影神社」。
蚕影神社は蚕の守り神で、その蚕の天敵のネズミを捕まえるのが猫。そんな所以で蚕影神社が猫の守り神と言われるようになりました。
蚕影神社
「猫返し神社」と呼ばれ始めたのは、愛猫家で有名な、ジャズピアニストの山下洋輔さんの飼い猫がいなくなり、猫を探し回っていたところ、偶然通りかかった神社の前で「どうか、無事に帰ってきますように」と願掛けしたそうです。すると翌日、17日ぶりに猫が戻ってきたとか。

その山下洋輔さん家の猫ちゃん。その後も脱走すること数回。そのたびにこちらの神社でお願いしてみると戻ってくるということが続き、思わず雑誌のエッセイでこの神社を「猫返し神社」として紹介しました。それ以来、参拝すると猫が帰ってくるという都市伝説として有名になったというわけです。

山下洋輔さん

愛猫家ジャズピアニスト山下洋輔さん
ジャズピアニスト山下洋輔さんのお家には、2匹の猫ちゃん、ピロちゃん、リーちゃんがいます。そして今は亡き先住猫のアーちゃんが猫返し神社に所以する猫ちゃんだそうです。
猫エッセイ「猫返し神社」
2年前には猫エッセー「猫返し神社」という本も出しています。ここにはピロちゃん、リーちゃん、そしてアーちゃんの愛情あふれた楽しい話がたっぷりと詰まっています。
境内へ入ると雅なピアノの調べが♪
境内に流れているピアノの曲は、猫が戻ってきたお礼にと山下洋輔さんから奉納された「越天楽(えてんらく)」です。ここでしか聞くことができないこの曲を聴くために、猫好きだけでなく、ジャズファンも訪れる注目の神社なんですよ。

ただいま猫

ただいま猫
蚕影神社の前あたりに、狛犬ならぬ狛猫の石像が鎮座しています。名前は「ただいま猫」と言います。瞳にはガラス玉が埋め込んであり、本物の猫の瞳のようです。
赤い瞳の持ち主
この猫の像を撫でながらお願いをすると、ご利益があるとも言われています。
しっかり撫でてあげてください

猫返し祈願専用の絵馬

絵馬には愛猫を心配する飼い主さんの切実な思いがつづられています
「猫返し神社」の評判は愛猫家の間で広がり、関東周辺だけでなく、全国各地からも参拝者が訪れ、絵馬を求める問い合わせがくるようになりました。

遠方でどうしても来られない方には郵送もしてくれるとか・・・。
振り返る三毛猫ちゃんの絵馬
猫返し神社では、猫返し祈願専用の絵馬があります。境内にたくさん奉納されている絵馬には行方不明になってしまった愛猫の無事や健康、帰還を願うものも多く、中には「お参りしたら帰ってきました!ありがとうございました」という感謝の言葉が記されているものもあるんです。

猫型のお守り

こちらには可愛い破魔矢を持った猫ちゃんのお守りがあります。
お守り

他にもご利益がいっぱい

境内社には他に、厄除けの八雲神社、疫病除け・縁結びの疱瘡社、五穀豊穣・招福財福の稲荷社、学問の天神社、火難盗難除けの御嶽神社、縁結び・安産の浅間神社、交通安全の金刀比羅社、疫病除けの八坂大神社があるので、愛猫家じゃなくてもご利益がありそうですね。

猫返し神社 詳細

狛猫さん
正式名称:阿豆佐味天神社 立川水天宮
住所:東京都立川市砂川町4丁目1-1
電話:042-536-3215
アクセス:西武鉄道・武蔵砂川駅から徒歩15分

まとめ

今では「猫返し」から発展して、愛猫の健康と幸福を祈願しに、また飼い猫以外にも不幸になる猫がありませんように、とお参りする方が後を絶たないと言います。また、愛猫ちゃんを亡くし心を痛めている方がこちらをお参りした帰りに、似たような仔猫ちゃんを保護したなんて話もあるんですよ。

愛猫家の皆さま、初詣にこちらを訪れてみてはいかがですか。
みんなの大事な家族が無事戻ってきますように。

健康で長生きできますように。

人間の勝手で不幸になる動物がいなくなりますように。。。