「おはようございます」
ナレーターのカエルさんがウメちゃんの寝室にコッソリとやってきました。
今からウメちゃんに寝起きドッキリを仕掛けてみようと思います。

「あ…」
なんと、ウメちゃん…すでに起きていました。
ばっちり目が合ってしまっています。これは気まずい!

と、思ったらすぐに横になってくれました。セーフ??

「寝てます」
カエルさん、先ほどのやりとりをなかったことにしようとしています。
そうですよね!この程度のハプニングだったら、テレビ的にはカットでなかったことにできますよね!

「おーい、おいおい」
トントンと叩いてウメちゃんを起こそうとするカエルさん。
しかし、ウメちゃんはいくら待っても起きません。
一度起きていた事を考えると、これは空気を読んで寝たふりをしているだけだと思いますが…。

「さすがに起きてください」
必死に懇願するも、ウメちゃんはピクリとも動きません。
「さっき起きたろ!」
ついにカエルさんはキレて、カメラをスタジオに戻してしまいました。

「…ニャ~…」
タイミングを見計らったかのように反応するウメちゃん。
「…そこで起きるんですか!?」
だって、そういう性格なんですから…仕方がないんです♪