人生はニャンとかなる!

 
“人生はニャンとかなる!”
このフレーズをご存知の方は多いのではないでしょうか?

猫好きの間で爆発的に有名になったこちらの書籍。

様々な名言とそれに因んだ猫の写真が1ページ1ページを飾っています。
 
『たくさんの耳を持とう』

ソロモンは言いました。
“賢者は聞き、愚者は語る”
人生、色々な意見に耳を傾ける事もまた成功への近道なのかもしれませんね。
『すべての色に役割がある』

電機メーカーのパナソニックを築き上げた松下幸之助さんの言葉です。

経営者としての様々な経験や想いが、この言葉に現れているような気がします。
こちらの書籍はページごとにミシン目があり、切り取って飾る事もできるのでお気に入りの名言はいつでも見える場所に♪
大人気のため、続編も出ています!

猫好きとしては両方揃えちゃいたいですね♪

旅猫リポート

こちらは私が知人に勧められた書籍の一つでもあり、
著者である有川浩さんはテレビでも有名になった“三匹のおっさん”や
“フリーター家を買う”などの作品も執筆されています。
 
ある想いを秘めた主人公のサトルと元・野良猫のナナ。

一人と一匹が幸せな暮らしから一変
最後の旅路を歩むその先にある物とは…?
この作品の魅力的な所は
主人公であるサトルの視点ではなく
猫のナナや周りの人々の視点で描かれている事だと思います。

個人的には、ナナは雄なのにどうして雌猫のような名前がつけられたのかという点も面白く感じました。
旅の先々でサトルとナナが出会う人々や
深まる絆、ちょっとした変化など
ページをめくる毎にワクワク感、そして感動が待ち受けています。
旅猫リポートは舞台にもなり、絵本としても出版されています。

挿絵を集めた絵本は、大人だけではなく子供にも読み聞かせてあげたくなる作品ではないでしょうか?

どかんねこ

これから紹介するどかんねこは、
単純だけど何故か不思議な感覚になる
矢玉四朗さんの絵本です。

とある野原にある一本のどかん。

白猫が入ると…?
ぶち猫が出てきます。

ならぶち猫が入ると…?
トラ猫が出てきます。

では犬が試しに入ってみると…?

あら不思議!犬はそのまま出てきますよ!

賢い猫ちゃんが送る
シンプルだけどまるで手品のような世界は
読み聞かせにはとても楽しい内容です。
著者の矢玉さんはたくさんの絵本を書かれています。
皆さんもこの独特な画風の絵本を、図書室や病院の待合室などで
一度は目にした事があるのではないでしょうか?

矢玉さんの作品は
大人でも“楽しい”を味わえる物がたくさんあります。
是非、その手でページをめくってみてくださいね♪

猫のきまぐれ


学生時代、よくノートの隅でパラパラ漫画を描いた経験って皆さんありませんか?

勉強が嫌いだった私は、よくパラパラ漫画を描いて遊んでいました(笑)

そこで紹介したい本は
こちらの猫のきまぐれです。


文章は一切ないのに
どこか懐かしく、そして斬新なこの本は
読み手の心がくすぐられます。
こちらのパラパラブックス、
他にも様々な種類があります。

それぞれのストーリーを膨らませるのは、読み手のあなた次第です!

今回の猫の本特集、皆さんいかがだったでしょうか?

たまには本で癒されてみるのもいい気分転換になるかもしれません♪

私も読書でホッとひと息、いつもと違う時間を楽しんでみようかと思います!