20161122006

道端に落っこちている巨大な里芋…ではなく、絶賛「ごめん寝」中のネコちゃんです。
こんなに突っ伏して苦しくないのか、ちょっと不思議ですよね。

20161122008

ごめん寝というよりは、恥ずかしい過去を暴露されて頭を抱える思春期の少年って感じですね。
「うわああああ…」という声が聞こえてきそう。

20161122009

「すみません、つい出来心でニャ…」
スーパーで悪さをしてしまったのか、土下座で謝るネコちゃん…!?
いえ、このネコちゃんもごめん寝の真っ最中です。
人通りのあるスーパーでごめん寝ができるって凄いですね。

20161122010

「ほんとごめんニャさい…」
こんなカワイイごめん寝をされちゃったら、怒るものも怒れない…!
もういいから顔をあげてって言っちゃいそう♡

20161122011

打って変わってこちらは「ごめん寝(強い)」という感じ。
この方に謝られたら、許せないものでも許さざるを得ません。
ネコと言えばネコです…よね?

20161122012

なぜ壁に向かって座っていたのか、そして…なぜそのまま寝たのか…そっちを追及したいです。
ただ、とても反省している感は半端ないですね。