子猫とのスキンシップを楽しむ母猫。ギュッと子猫を抱きしめてケリケリしています。
しかし、子猫はあまり楽しそうには見えません。

「痛い!痛いミャ!!」

母猫の過剰なスキンシップに、子猫の怒りが大爆発!
まずいと思った母親は子猫のことをペロペロと舐めて毛づくろいを始めます。

「ごめんニャ…許してニャ」

子猫は怒りが治まらないのかミャーミャーと泣き続けています。
これはなかなか許してもらえそうにありません。

「…ごめんニャ…」

そこで母猫は一歩下がって子猫を見守ってみることにしました。
すると…

「あれ?離れちゃうのミャ?」

今まで構ってきた母猫が急に離れてしまったので、子猫はちょっと寂しそうです。

「もう怒ってないミャ…」

構われすぎも嫌だけど、構ってくれないのも嫌な子猫心は複雑です。

仲直りのしるしに、母猫のおっぱいをもらうことにした子猫。
もぞもぞと母猫のおなかの下に潜っていきます。
これからも程々に構ってほしいな~と思っているのかもしれませんね♡