20161022006

ここはロシアのサンクトペテルブルクにあるレニングラード動物園。
そこにはヨーロッパオオヤマネコと猫の異色カップルが暮らしています。
出会いは、まだお互いがもっと幼かった頃。ヤマネコの檻にエサを求めて迷い込んだ事が出会いのきっかけでした。

20161022007

はじめはエサ目的で出入りしていた猫ですが、エサを分けてくれる優しいヤマネコとは大の仲良しになりました。
しかし、相手はオオヤマネコ。出会ったころはあまりなかった体格差も次第に大きくなっていき、ついにヤマネコは倍以上の大きさになってしまいます。

20161022008

体格差がある2匹ですが、その絆は薄れることなく毎日寄り添っています。
そんな仲良しの2匹は有名になり、この2匹を目的として動物園に来るファンもできました。

20161022009

動物園の動物ではない野良猫をいつまでも自由に出入りさせる訳にはいきません。
しかし、仲良しの2匹を離れ離れにしてしまうことは、とても悲しいことです。
そのため、動物園は特例として野良猫を動物園で飼育することに決めました。
今でもこの仲良しの2匹は仲睦まじく暮らしているとの事です。