眠る猫ちゃんの耳の近くにふたつの赤詰草をのせてみます。

お。気づいたかな?
猫「なあに・・・?」
目がトロンとして、まだおねむの様子。

そしてしばらくすると目がパッチリと開きました!

「あたし、寝てたのかしら」

ちらっと後ろを向く猫ちゃん。

なるほど、こうやって耳の近くにお花を置いていたんですね!
茎を眺めに残すのが頭からお花が転げ落ちないポイントのようです。

猫「なあに?あたし、かわいい?」

はい・・・!めちゃくちゃかわいいです・・・!!

惚れてしまう威力の可愛さにドキドキがとまりません・・・!!!!(♡△♡)ノ