05

美顔ローラーに対して、食いつきが良すぎる二匹の猫ちゃんたち。
「ちょっと! 私が先よ!」
と、一つしかないローラーを巡って奪いあいが始まりました。

01

先にローラーする権利を獲得した猫ちゃん。
「たまらん!」
自分でローラーを持って、目当ての場所へころころ誘導。

02

ちゃんと順番を待っていた猫ちゃん。えらい。
「たまらん!」
こちらもまた自分でローラーを持ってころころ。

03

「あ、ちょっと! まだ私がやってたのよ!」
横入りされちゃいました。
それほど美顔ローラーが魅力的なのでしょう。

04

「ぐぬぬ・・・」
美顔ローラーをとられてしまって、悔しい様子。
ちゃんと順番守ってたのにねぇ。

それにしても、猫がどうしてこんなに可愛いのかずっと考えてきたのですが。なるほど、これだけ美意識が高いと結果も出るというものです。
そんな猫ちゃんの美容努力を讃えるのが、我々人間の仕事ということですね。
生まれてきてくれてありがとう、世界中の猫たち。