01

猫ちゃん、サボテンを発見!
さっそく近づいていきます。

02

念入りに匂いを確かめます。
猫「危険はないかにゃ・・・?」
毒は無いけど、棘はあります。

03

匂いはOK! ということで早速がぶり。
棘があるけど・・・、と心配になりますがとくに痛がる様子はありません。

04

そしてまたがぶり。
何がそんなにお気に召したのか、がぶがぶぼりぼりと食べ始めました。
猫って、サボテン食べるんですね・・・。

05

猫「これうまいにゃ」
飼い主さんを見上げる猫ちゃん。
猫ちゃんが喜んでくれるなら、サボテンくらいいくらでも用意しますとも!
でも、こうなったら迂闊に観葉植物にサボテンは置けなくなりますね。
猫草を食べるのと同じ感覚なのでしょうか?
猫とサボテンの、意外な関係でした。