猫はしっぽで会話する

「猫はしっぽで喋る」とも言われるほど、猫のしっぽは雄弁です。顔はクールにしていても、しっぽが思いっきり膨らんでいたり、おとなしく撫でられていても、しっぽをブンブン振っていたり。これらがどのような猫の気持ちを表しているかご存じでしょうか。

機嫌の良いとき

猫の機嫌が良いときは、スキンシップを図る絶好のチャンスです。

しっぽをピンと立てる

しっぽをピンと立てるときは、甘えたい、撫でて欲しい、餌が欲しい、遊んで欲しいなど、「構って欲しい」状態を表しています。仔猫が母親に対して見せるしっぽの形もこの状態です。
シッポをピーンと垂直に立てているのは
「友好的な感情」の表現だったり、
楽しくてしょうがないときです。

しっぽを大きくゆっくり振る

猫がしっぽを大きくゆっくり振っているときは、リラックスしている状態です。次に何をしようか考えていていたりします。
外を眺めながら 
何を思っているんでしょうか?

機嫌が悪いとき

見てわかるお顔ならいいのですが・・・

しっぽをブンブン大きく振る

イライラしているときや、機嫌が悪い状態のとき、猫はしっぽを素早く大きく振ります。撫でたり、抱いたりしたときにこの状態になる場合、猫が嫌がっている証拠です。
喧嘩しているときも
ブンブン振っていますね

しっぽの毛をボワっと逆立てる

しっぽの毛をボワっと逆立てているときは、驚きや恐怖を感じている状態です。また、相手を威嚇するなど臨戦態勢のときにもしっぽが逆立ちます。これは恐怖を感じているものに対し、少しでも自分の身体を大きく見せるための方法です。しっぽの毛を逆立てて斜め歩きなど始めたら、完全に戦闘モードになっています。
大きな音にも驚くと
ボワッと反応しちゃいます

まるで「タヌキ」

しっぽを股に挟む

しっぽを股に挟んでいる状態は、恐怖で身がすくんでいるときです。このしっぽの猫を見かけても、見なかったフリをしてあげてください。
こわーい(>_<)

抱かれたとき、しっぽをお腹にピッタリつける

抱かれたとき、しっぽをお腹にピッタリつけている場合は「この人に抱かれても大丈夫?」と、ちょっと緊張しているのかもしれません。
知らない人に抱っこされたとき
尻尾はこーんな感じに・・・

その他

寝ているときにしっぽの先だけ小さく振る

寝ているときなどに、そばを通ったり名前を呼んだりすると、しっぽの先だけ小さく動かすことがあります。これは起きることが面倒で、しっぽだけで返事をしている状態です。
寝ているところに
話しかけると しっぽだけ反応

とりあえずしっぽで受け答えしてくれます

しっぽの先をピクピク振る

しっぽの先をピクピク振っているときは、獲物を見つけたときなど、何かに気を取られたり、考え事をしたりしている状態です。
遠くのほうに 鳥さんが見える

しっぽをピクピク

しっぽを体に巻きつけているとき

猫が尻尾を巻きつけるのは落ち着いているときにする仕草です
しっぽで手巻きマフラーが
可愛い♪

さいごに・・・

普段はスキンシップが嫌いな猫も、自分の機嫌が良いときはスキンシップが大好きです。猫の気持ちを「しっぽの動き」で読み取れるようになれば、自然と猫とのコミュニケーションがとれるようになり、猫との信頼関係もアップするのではないでしょうか。