猫ちゃんと植物の関係

猫ちゃんにとって危険だとされている植物は700種類以上あると言われています。猫ちゃんが自分で危険な植物を口にしてしまうということは少ないと思いますが、好奇心旺盛な猫ちゃんは遊び心で触ってしまったり、ペロッと舐めたり、口に入れてしまう可能性はあると思います。

大事な猫ちゃんを危ない目に合わせないためにも、できる限り猫ちゃんがいる空間には危険だとされる植物を置かないことを心がけることをおすすめします。
綺麗なお花は飾りたいけれど・・・

猫ちゃんとお花ってとても絵になるのだけれど・・・危険にはさらしたくない!

カランコエ属、キョウチクトウ、ジギタリス(キツネノテブクロ)、スズラン、イチイ

あまり聞きなれない植物ですが、これらの植物には強心剤成分(心臓に影響を及ぼす成分)が含まれています。これらの植物は、葉から茎まで全てのパーツに中毒成分が含まれています。これを口にしてしまったら、不整脈などで突然死する可能性があります。人間でもキョウチクトウで中毒になったとか皮膚がかぶれたいう話は聞きますよね。

普段目にするスズラン。でも、可愛いスズランを窓辺に飾っていたらパクリ!なんてことがあったら大変なんです。不整脈、嘔吐、下痢、異常な興奮後に昏睡に陥り心不全を起こすといった症状が起こります。小さな猫ちゃんには、ほんのちょっとだって危険が伴うということ忘れないでください。
飾ってあるとやっぱり気になる・・・

【スズラン】
可愛いお花なのですが猫ちゃんには毒。鉢底にあるお水も危険なので注意です。

【カランコエ】
猫ちゃんがあやまって花や葉っぱを食べてしまうと危険。心臓障害を起こす可能性があります。

【ジギタリス(キツネノテブクロ)】
これは人間にとっても毒。食べて数時間後に不整脈、吐き気、けいれん、不整脈などを起こして死に至ることもあります。

【イチイ】
赤くて可愛い実をつけるイチイ。イチイの種や葉には毒性があり、食べてしまうとけいれんを起こし、呼吸困難で死に至ることもあります。

プラム属の種にはシアン化物

プラム属……リンゴ、アンズ、チェリー、モモ、ウメ等

プラム属には、植物の種にシアン化物が含まれています。シアン化物は他の動物にも毒性を示しますが体の小さい猫ちゃんは特に注意が必要です。もちろん種が腸に詰まり、閉塞を起こすこともあります。リンゴの種やモモの種などその辺に落とさないようにも気をつけてくださいね。万が一、種を飲みこんでしまったらすぐに動物病院に連れて行ってください。
リンゴが好きな猫ちゃんもいるようですが・・・

【リンゴ】
リンゴを食べるという猫ちゃんがたまにいますが種や芯には毒性があります。めまいや呼吸困難、けいれん等ショック状態を引き起こし、昏睡状態に陥ることもあるので、必ず取ってからあげてくださいね。

【サクランボ】
コロコロ転がして遊んでしまいそうなサクランボも種は危険です。間違って食べてしまったら呼吸困難やけいれんを起こします。

ナス科

ナス科の植物は熟した実は無害ですが、未熟な果実や葉に中毒成分が多く含まれます。猫ちゃんの体に入ると、副交感神経に影響を与え、散瞳(黒目が大きくなる)、嘔吐、ふらつきなどの症状がで出ます。さらには呼吸困難などから けいれん、麻痺などの神経症状、心筋梗塞などに進行し、死に至ることもありますので、気をつけてください。
ナスが好きという猫ちゃんってあまり聞きませんが・・・

【ナス】
ナス科の植物は、嘔吐や下痢、皮膚炎や腹痛などを引き起こすので注意。

キンポウゲ科は毒性が強い

キンポウゲ科……キンポウゲ、クリスマスローズ、オダマキ、トリカブト等

キンポウゲ科の植物には美しい花が多く、観賞用に栽培されているものも多いのですが、実は猫ちゃんにとっては毒性が強いんです。よだれ、嘔吐、下痢、不整脈、けいれんなどを起こし、死に至ることもあります。
ちょっと飾っておくにはとても可愛いお花ですが・・・

【キンポウゲ】
日当たりのよい野原や土手に咲いています

【クリスマスローズ】
冬に咲く花として人気があります

【オダマキ】
いろいろな花の色があります

観葉植物に多いサトイモ科

サトイモ科……スパティフィル、アイビー、ポトス、ディフェンバキア等

サトイモは人間でも時々口内や口の周辺の痒みなどを起こすことがありますよね。それと同様にサトイモ科の植物は猫ちゃんにとっても危険なんです。特に茎と葉に毒となる成分があり、食べてしまうと口の中を刺激し、口内の痒み、過剰なよだれ、気道閉塞、また痙攣などの神経症状などがでることがあります。
観葉植物をかざってあるお家は多いと思いますが、危険なものがないか、猫ちゃんの届くところにないか、チェックが必要です。

【スパティフィラム】
清楚ですらっとした白い花と光沢があるグリーンの葉が特徴の観葉植物

【ディフェンバキア】
縁が緑で中心が白の明るい色調の葉が特徴

【アイビー】
お部屋にあると雰囲気が明るくなるような観葉植物でよく見かけます

【ポトス】
観葉植物で人気のポトスも猫ちゃんが食べてしまうと口内に痒みを引き起こし、過剰なよだれや気道閉塞、他に痙攣などの神経症状がでることがあります。

一番危険なのがユリ科

ユリ科……ユリ、チューリップ、コルチカム等

アメリカではイースター・リリーと呼ばれる白いユリ。テッポウユリの一種。これは花、葉、茎、球根、全てが猫にとって強い毒性で、花粉を舐めただけで命取りになる可能性があるほどなんです。
ユリはほとんどが命取りになるほどの毒性を持っています。切り花でも花瓶の水だけでも死に至ることがあるので、猫ちゃんのいるお部屋には置かないようにしましょう。

症状は嘔吐や下痢、視力障害、腎不全などの症状がでます。治療法がなく、一口でも食べてしまうと命に関わることがあります。
ユリだけは絶対に避けて!!

【ユリ】
猫ちゃんにとってユリはし致命的な中毒を起こします。
ユリの葉、茎、花弁を噛んだり、食べたり、花粉を舐めたり、ユリを入れた花瓶の水を飲んでも同様な中毒を起こすので注意が必要です。

【チューリップ】
お部屋に飾っておきたいチューリップも実はユリ科の植物。ユリほどではないものの毒性を含むのでおすすめできません。

【コルチカム】
球根や花のあとに出てくる葉には毒性が強くあります。

ツツジ属

ツツジ属……シャクナゲ、ゲッケイジュ、サツキ

ツツジ属の植物の葉と花からのハチミツにはグラヤノトキシンという成分が含まれており、よだれ、嘔吐、不整脈、筋力低下、麻痺などの症状を起こし、多量に摂取した場合には死に至ります。
外猫ちゃんは危険なことはわかっているので口にすることはないのですが・・・

【シャクナゲ】
シャクナゲの葉は毒性をもっており、間違ってかじると嘔吐や痙攣、下痢を引き起こすとされています。

【ツツジ】
危険なのが葉と蜜。感受性の高い猫が多量に口にすると、よだれが出て激しい嘔吐に始まり、けいれんを起こし、昏睡に陥り死に至ることもあります。

ねこ草を食べますが・・・

食べすぎ注意!
ねこ草は毛玉を吐き出すためにあります。消化できない植物を胃の中に入れることで、胃の中に溜まった毛玉を一緒に吐き出します。異物として体が反応して吐き出すんです。決して栄養があるから食べているのではありません。
あまり食べ過ぎると胃に大きな負担をかけるので気をつけないといけません。

外に生えている雑草は、除草剤がついていたり、回虫など虫の卵が付着していることがあるので、絶対に食べさせないようにしましょう。
子猫ちゃんは繊維質が胃に負担がかかるため、与えるのは危険です。

食べ過ぎ注意です!!

まとめ

今回代表的な猫ちゃんにとっての危険植物をあげましたが、他の植物に関しても猫ちゃんに毒性を示す可能性があります。また植物の名前は地域によって異なることがあるのでその点も注意が必要です。

多くの植物は過剰に摂取すると人間や犬にとっても危険な植物ですが、猫ちゃんは体重が少なく、植物毒性を受けやすいため、少量でも中毒になりやすいです。一緒に暮らす人間が注意してあげれば防げるのですから、観葉植物や植木を購入する前に安全性を確かめることが大切だと思います。
いつまでも一緒に・・・♪