01

くるくる。からから。
大きな滑車に猫が乗っています。
滑車といえばハムスターのものというイメージがありますが、確かに猫にもよさそうです。

02

「ほほう、これは面白そうだ」
他の猫も興味を示さずにはいられないようです。

03

二匹同時乗り。
でも逆方向に進もうとするので止まってしまいました。
そっちじゃないよ~(笑)

04

よし、今度はうまくいった!
先に奥方向に回していた猫の歩調に合わせて、うまいこと乗りました。
そのあと、まるで呼吸を合わせるように「にゃっ、にゃっ」と掛け声をかけ続ける後乗り猫。
その心遣いに拍手を送りたくなります。